共同不動産鑑定

川崎駅西口のホテル、20年春開業

川崎駅西口のホテル、20年春開業

JR東日本は18日、川崎駅西口開発計画の本体工事に着手した。線路に面した約1万2400平方メートルにホテル棟とオフィス高層棟、同低層棟の3つのビル(総延べ床面積約13万7000平方メートル)を建設し、ホテルの開業は20年春、全体の完成は21年春に前倒しする。


「ホテルメトロポリタン川崎(仮称)」は地上16階建てで約300室と川崎駅周辺エリアでは最大級の規模になる。レストランのほかミーティングルームやアスレチックジムなどの付帯施設も充実させる。


 オフィス高層棟は地上29階・地下2階建てで、オフィスの賃貸面積は約6万6000平方メートル。約400平方メートルの保育施設も併設する。非常用発電機や熱電併給(コージェネレーション)システムを備える。


 地上5階・地下1階建てのオフィス低層棟には商業施設のほか、約4000平方メートルの大型フィットネスクラブも設ける。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional