共同不動産鑑定

GDP年0.8%減、2期連続マイナス 

GDP年0.8%減、2期連続マイナス

 内閣府が16日発表した7─9月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.2%、年率換算でマイナス0.8%だった。4─6月期の前期比マイナス0.2%に続き2四半期連続のマイナス成長となった。 中国経済の減速による企業の設備投資の先送りや、賃金の伸び悩みにより個人消費の回復ペースも弱く、景気回復は依然足踏み状態にあることを示した。


 民間最終消費は2四半期ぶりの増加に転じ、前期比0.5%増となった。住宅投資も同1.9%増と3四半期連続の増加。政府最終消費支出は同0.3%増と6四半期連続で増加した。

 輸出は2四半期ぶりのプラスで同2.6%増。GDP統計では、訪日外国人の消費は輸出にカウントされ、GDPの押し上げ効果も0.1%あった。輸入も、マイナスだった前期から1.7%増に転じたが、輸出の伸びの方が大きく、「外需」は成長率を0.1ポイント押し上げた。
 
 企業の設備投資は前期比1.3%減と2期連続のマイナスで、弱さが際立った。工作機械やオフィスビルなどへの投資が減少した。

 在庫投資はGDPを0.5%分押し下げた。在庫減少要因を除くと、GDPは年率1.4%のプラス成長になる。

 実質GDPにおける内需の寄与度はマイナス0.3%で、3四半期ぶりのマイナスに落ち込んだ。

 2015年度の政府成長見通しはプラス1.5%だが、7─9月期がマイナス成長となったことで、エコノミストらは景気を「踊り場」とみており、年度で1%に届かない可能性が高まっている。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional