共同不動産鑑定

相続税還付の鑑定評価

画像の説明

相続税還付のご案内''

 不動産の価格は現金や有価証券と違い,評価する方の不動産の知識、経験により価格が大きく異なる場合があります。

 これは不動産が個別性が強く法的規制権利関係が着いていたり、さらには実勢価格と公示価格さらには税法上の価格が異なる一物三価の現状もあり、路線価図を基に机上計算での納税申告では、実際の価値より高い価格で申告している可能性があります。

 大きく分けて下記の三つの場合が相続税還付の可能性が高いといえます。

  1. 個別性の強い特殊な土地
  • 広い土地(首都圏では500㎡以上)
  • 地型の不整形な土地
  • 道路の接面状況が悪い土地
  • 狭隘道路に面している土地
  • 周囲にお墓や産廃施設等の嫌悪施設がある土地
  • 崖や水路等を含む土地
画像の説明

2. 権利関係の着いている土地

  • 他人に貸している土地
  • アパートの建っている土地
  • 地主さんから借りている土地

3. 公法上の規制のある土地制

  • 高圧送電線の通っている土地
  • 市街化調整区域内の土地
  • 生産緑地の指定を受けている土地
  • 都市計画道路の計画のある土地
  • セットバックが必要な土地

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional