共同不動産鑑定

川崎駅東口「さいか屋」百貨店の閉店 

川崎駅東口「さいか屋」百貨店の閉店

 開業から59年間にわたって親しまれてきた老舗百貨店「さいか屋川崎店」が5月31日をもって閉店しました。

 私が川崎で最初に事務所を始めた頃、さいか屋さんは、京浜急行川崎駅前の小美屋(こみや)(現在跡地は「川崎DICE」)、岡田屋(現・川崎モアーズ)と、川崎を代表する百貨店として、「銀柳街」商店街とともに活気にあふれていました。

 しかし時代の流れとともに全国的に百貨店経営には厳しさが増し、2010年3月に不動産売買などを手がけるMM投資組合(東京・中央)に約76億円で売却し、建物の賃貸借契約も同時に結び、私的整理手法である事業再生ADR(裁判外紛争解決)手続きの一環として、店舗営業による経営再建をめざすということが、以前新聞に載っていました。

 しかし今回閉店という事で、長い間さいか屋さんにお世話になった一人として、一抹の寂しさを感じます。

 これでますます川崎駅周辺は変わっていって、昔の名残をとどめる物は何もなくなっていくようです。


  [check]横浜市・川崎市・相模原市・神奈川県内商業地の鑑定評価、調査報告書のご依頼は共同不動産鑑定へ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional