共同不動産鑑定

川崎市ワンルームマンション規制条例検討 

川崎市がワンルームマンション建設規制条例化を検討



 川崎市内で大規模なワンルームマンション建設が相次ぎ、地域住民への影響が懸念されるとして、市は31日、条例化も視野に規制強化に向けて検討を進めていることを明らかにした。


 市建築指導課によると、2014年度に届け出た市内の新築ワンルームマンションは59件。12年度の20件から3倍近く増え、1棟で100戸を超えるケースも過去3年間で8件あるなど大規模化の傾向という。


 単身者向けの集合住宅建設をめぐっては、東京23区で戸数に応じて税金をかけたり、家族居住型との混在を義務付けたりする規制強化が進んでおり、同課は「都心で建設がセーブされ、その余波が(規制のない)川崎に出ているという要因はある」と分析する。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional